「住宅エコリフォーム推進事業」補助金の事業者登録をしました

2022年9月14日より申請が始まった、省エネリフォーム、もしくは、建替えで補助金が受けられる

「住宅エコリフォーム推進事業」の事業者登録を行いました。

この記事では、住宅エコリフォーム推進事業について、わかりやすく紹介します。

住宅エコリフォーム推進事業の概要

主な要件と補助額

■もらえる人

省エネリフォーム省エネ住宅の建替えを行う人

■省エネ改修の対象工事

全体改修・建替え」でも「部分改修」要件が適合すれば補助対象となります。

  • 開口部の断熱工事は必須
  • 躯体等の断熱化工事
  • 設備の効率化に係る工事

■もらえる額

戸建住宅共同住宅マンション
補助率11.5%11.5%1/6
補助上限額51万円/戸2,500円/㎡3,700円/㎡
※耐火又は準耐火建築物、延べ面積1,000㎡以上、3階以上の共同住宅をいいます。

この制度は、リフォーム・建替えによって、ZEHに相当する省エネ性能を確保する住宅に対し、補助されるものです。

制度のポイント

■部分改修も可能

この補助制度は、住宅全体をリフォームする場合だけでなく、

窓改修だけを部分的に行うといった小規模なリフォームも対象となります。

一部の部屋だけ暖冷房の効きをよくしたい、あるいは、窓改修とあわせて

燃費のいい給湯・暖冷房設備を設置したいという場合も利用可能です。

ただし、改修工事の補助額の合計が5万円未満の場合は申請できませんのでご注意ください。

■ソーラーパネルの設置は不要

ZEHといえばソーラーパネルをイメージしますが、この補助金制度では、そうした発電設備の設置を必要としません

その分、要件のハードルが低く、利用しやすくなっています。

■年齢や世帯要件なし

リフォームを行う方の年齢や、子育て世帯などの世帯要件などはありませんので、

どなたでも利用できる制度になっています。

手続きについて

この事業は、リフォーム工事の工事施工者が補助事業者(当社)となり申請を行います。

よって、リフォーム発注者(お客様)の申請手続きは、基本的にありません。

なお、補助金は、補助事業者が受領し、最終的にリフォーム発注者であるお客様に還元されます。

参考に、事業全体の流れについては以下になります。

事業者登録

当社は事業者登録を完了しております。

STEP
1

工事請負契約

工事請負契約の締結が2022年9月1日以降である必要があります。(変更契約ではなく原契約)

STEP
2

着工

STEP
3

交付申請

STEP
4

完成・完了実績報告

STEP
5

補助金交付

補助金をリフォーム発注者(お客様)に還元

STEP
6

事業の詳細について

詳細については住宅エコリフォーム推進事業実施支援室のホームページをご覧ください。

「住宅エコリフォーム推進事業 事業概要 」

ご不明なことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。0120-803-011受付時間 8:00-19:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ